未分類

【手順を解説!】仕事ができる人がやっているコーチングのやり方。

「コーチングでスキルアップしたい」「作業効率をアップさせたい」

という方は多いですが、「実際どのようにやるべきかわからない」方は多いのではないでしょうか?

本記事では、仕事ができる人がやっているコーチングのやり方を解説します。

そもそもコーチングを知らない方はこちらの記事からどうぞ↓

コーチングとは?今さら聞けないコーチングの魅力とその効果を解説します。「コーチングで新しい視野を手に入れた」 「コーチングでやるべきことが明確になった」 など、コーチングで得られる効果を耳にした...

コーチングのやり方

「コーチングなんてただ、話を聞いとけばいいのでは?」

なんて方も中にはいるかもしれませんが、実は効果を上げる・仕事に活かすためには、大切なステップが必要なのです。

今回は、部下や後輩にコーチングするやり方を4ステップにまとめてみました。

1)環境や状態を確認する

目標達成に対し、今どのような状態なのか現状確認します。

事実確認することで、思考がリセットされスッキリするのでコーチングしやすくなります。

2)目標達成までのプロセスやビジョンをイメージさせる

目標を達成するとどんなメリットがあるのか、達成するために必要な要素や道筋をイメージさせます。

成功ビジョンをイメージすることで、モチベーションが上がり作業効率化アップが期待できます。

また、道筋がわかることで行動しやすいメリットなどもありますよ。

3)達成を妨げるものを明確化

目標を見据え段階的にプロセスをこなす際に考えられる「障害」や「邪魔なもの」を明確化させます。

確認することで、仮に何かが起こった時でも柔軟な対応を取ることができるようになります。

4)実践すべきことを再確認

目標達成までに起こすべきアクションを作成します。

「いつまでに、どんなプロセスで、何が必要なのか」など①~③のプロセスに必要な行動を確認します。

ここまで終われば、相手の中には目標達成までに確実な計画ができるので行動するのみとなります。

まとめ

正しいコーチングをすることによって、仕事の作業効率は飛躍的にアップします。

「仕事がうまくいかない」「考えがまとまらない」時には、コーチングするのがおすすめです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です